ウォーターサーバーの硬水と軟水

main-img

ウォーターサーバーを選ぶときに、硬水と軟水の違いを把握しておくことは必要です。
硬水と軟水という区別は、硬度の高いものと低いものかの違いです。



水にはいろいろなミネラルが入っています。
特に天然水にはいろいろなものがありますが、その中でカルシウムやマグネシウムは水の味を決めるのに重要な役割を果たしています。



カルシウムやマグネシウムがどれくらい多く含まれているのかを硬度という言葉で表します。



硬度にはいろいろな基準があります。


たとえば、世界保健機構の基準では、1リットルの水に対してカルシウムやマグネシウムが120mg以上含まれていると硬水と呼びます。



軟水は60mg以下のものを指します。



世界的に見れば、日本には軟水が多く、ヨーロッパの水は硬水が多いです。食事についてもやはりその地域の水が適していて、和食を作るときには軟水が適していますし、養殖のと気に出される水としては硬水が適しています。

では、どちらが良いのかというと、日本人なら軟水が適しています。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1477404549

軟水は体への負担は小さいです。
ウォーターサーバーの水選びをするときにも、できれば軟水を選んだ方が良いです。

https://okwave.jp/qa/q7983748.html

特に、お年寄りや赤ちゃんがいるときには軟水のウォーターサーバーを利用するのが良いです。
料理を上手になりたいという人にとっても軟水のウォーターサーバーが適していると言えるでしょう。

https://matome.naver.jp/odai/2146211287020653101/2146244047857043803

水を替えるだけでいつもよりワンランク上の味になるとも言われていますから、多くの人に軟水はおすすめです。

関連リンク

subpage01

ウォーターサーバーの料金について

いつでも良い水を使いたいと考えた時に便利なのが、ウォーターサーバーです。ただ、使ってみたいと考えても、料金が高いと感じてしまう人も少なくないでしょう。...

more
subpage02

ウォーターサーバーの安全性の管理について

ウォーターサーバーを設置する目的が、水の安全性を確保することだという人は意外と多くいます。では、実際にはどのような安全管理がなされているのでしょうか。...

more