ウォーターサーバーの料金の違い

main-img

ウォーターサーバーは便利に利用できますが、料金が気になる人が多いはずです。



サーバーのレンタル代や電気代、交換ボトルの代金もかかりますし、メンテナンス費用も必要な場合があります。



色々なメーカーからウォーターサーバーが出ていますが、どれが経済的なのか分かりにくいのも事実です。

安全看板ならお任せください。

各社競争によりしのぎを削っているため、費用に関しても同じような状態となっている現状があります。

高齢者の安否確認の情報をまとめました。

水には硬水や軟水など種類がありますので、ウォーターサーバー選びで迷ったら水の種類から選ぶのも良い方法です。


サーバーの種類や料金で比較しているとなかなか決められませんので、希望する水の種類から選ぶと決めやすくなります。



月々の電気料金はほとんどのサーバーが1000円程度となっていますが、メンテナンス費用に関しては無料もあれば有料もあります。

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E6%B0%B4%E9%81%93%E4%BF%AE%E7%90%86%E4%BC%9A%E7%A4%BE

サーバーに関しても無料と月額制のところがありますので、比較をしていると選びにくくなります。

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E6%B0%B4%E9%81%93%E4%BF%AE%E7%90%86%E4%BC%9A%E7%A4%BE

機能的な部分も大きな差は無いため、水の種類から選ぶと決めやすくなります。

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E6%B0%B4%E9%81%93%E4%BF%AE%E7%90%86%E4%BC%9A%E7%A4%BE

違いが大きい部分が替えボトルの種類ですが、従来からあるリターナブル式と新しいワンウェイ式があります。
リターナブル式はボトルを再利用するために水の料金が安いのが特徴ですが、空気の逆流により雑菌が繁殖しやすいデメリットがあります。
ワンウェイ式は空気の逆流が少なく衛生的ですが、使い捨て式のため水が高くなってしまう特徴があります。


替えボトルは種類によって特徴があるため、ボトルの仕様で選ぶのも良い方法です。


関連リンク

subpage01

ウォーターサーバーの安全性の管理について

ウォーターサーバーを設置する目的が、水の安全性を確保することだという人は意外と多くいます。では、実際にはどのような安全管理がなされているのでしょうか。...

more
subpage02

ウォーターサーバーを導入場合のメンテナンス料金

ウォーターサーバーは電気を使う事で、温水は80度から90度、冷水は4度から12度のお湯や水を作り出し、24時間いつでも好きな時にお湯もしくは冷水を利用出来、しかも美味しい水を飲む事が出来ると言ったメリットが有ります。水道水の水は安全と言われていても、消毒殺菌を行うため薬品が利用されていたり、放射能汚染や水道管内部にたまる汚れなどにより、水の質が悪くなっているとも言われている事からも、赤ちゃんのミルクを作る時にはミネラルウォーターなどを利用したいと言う人が増えているのです。...

more